住宅ローン借り換え相談すると得できる?

住宅ローン借り換え相談は得かというと、ケースによって違ってきます。
金利差が1%以上あって、返済期間が10年以上、単独でのローンといった条件がそろっている場合は、得な場合が多いですね。
住宅ローンの借り換えには手数料や経費がかかりますから、単純に返済額を借り入れたとして金利差のおかげで数十万円得するといった場合には、借り換え相談をしてから判断すべきです。
金利差で得する分が手数料、経費、保証料などでチャラになってしまうこともありますし、連帯債務を一本化することで贈与税を支払う義務が生じることがあるからです。
また、債務者である夫が海外勤務の場合にも住民票が無いので借り換えできません。
借り換えの条件をクリアにしておくことで、安心してをすすめることが出来ますね。